先週に引き続き、今日は2人の方が東京の本社から来ていました。

1人はファイナンシャル・ジャパン株式会社、代表取締役社長・木之下 純 氏。

先週来ていた、小坂 直之 氏との共同代表者です。

5年前には5名しかいなかった会社を、いまの200名あまりの会社にまで大きくしました。

ほんと、すごいと思います。

写真中央(私が前で恐縮ですが)私の後ろの笑顔が素敵なイケメンの方です。

物腰がすごく柔らかく、やはり気持ちが真っ直ぐな素敵な経営者でした。

私たちがどうやったら、常に働きやすいか?を本気で考えて、前線で実行しているのが伝わりましたよ。

あっ、ちなみに木之下氏も私と同級生…

“どうかしてるぜ、82年生!”←心の声(笑)

そうして、もう1人が右側手前の 永田 拓也 氏。

彼は、まだ31歳ですがファイナンシャル・ジャパンではとても重要な(心臓的な)役割をしています。

彼がいないと、会社はうまく機能しません。

趣味はマラソン、今年は那覇マラソンに出ると宣言していましたよ。←言っちゃってよかったかな?

今日はあらためて

「One for all, All for One」だと実感しました。

こんな会社、環境なら頑張れますよね♪

____________________

〈お知らせ〉

いま入っている医療保険が少しでも高いと思ったら、比べてみてください。
これは私と妻が入っている医療保険です。

保険料表はこちら

保障内容はこちら

2018年の4月より各保険会社、医療保険の保険料が上がる見通しです。

見直しをご検討中の方はお早めに!
____________________

〈今日は何の日〉

2.26事件の日

1936(昭和11)年のこの日、2.26事件が発生した。

陸軍の皇道派の青年将校が、対立していた統制派の打倒と国家改造を目指し、約1500名の部隊を率いて首相官邸等を襲撃した。内大臣・大蔵大臣等が殺害され、永田町一帯が占拠された。

当初、陸軍の首脳部は青年将校たちの行動を容認する態度をとっていたが、海軍が鎮圧を要求し、天皇も同様の立場をとったので、29日に鎮圧を開始した。飛行機から「下士官兵ニ告グ」のビラを撒いて帰順を勧め、「今からでも決して遅くはないから、直ちに抵抗をやめて軍旗の下に復帰する様にせよ」との投降を呼びかけるラジオ放送を行った。形勢が不利になったと判断した将校たちは兵を原隊に帰し、2名が自決、残りの者が自首して、その日のうちに鎮定された。

____________________

〈今日の格言〉

わたしたちは、

成功するためにここにいるのではありません。

誠実であるためにここにいるのです。

【マザー・テレサ】

____________________

〈今日の為替〉

●1米ドル=106.77円

●1豪ドル=83.84円

____________________