こんばんは。

娘にお箸の持ち方を教えるのに、悪戦苦闘している、うちまです。

大人の私たちからすると、お箸を持つことは空気を吸うのと同じぐらい意識しなくても簡単にでるので、歯がゆいですが根気強く教えていきたいと思います。

さて、話は変わって、今日は役に立つ「分かりやすい伝え方」について書いてみようと思います。

私が取り入れて、「内間さんの説明は分かりやすい」と言われた方法です。

「PREP法」(プレップ法)って知っていますか?

PREPとは以下の頭文字です。

P OINT=ポイント、結論

R EASON=理由

E XAMPLE=事例、具体例

P OINT=ポイント、結論を繰り返す

つまり、話しの流れは

①結論・ポイント

②理由

③具体例

④再度、結論

を言うということです。

例えば、

「私はバナナが好きです」-結論

「なぜなら、栄養が豊富だからです」-理由

「例えば、錦織圭選手や一流選手がよく試合中に好んで食べます」-具体例

「だから、私はバナナが好きです」-結論

どうですか?非常に分かりやすいですよね?

普段の会話でも意識すると簡単に応用できますので試してみてはいかがでしょうか。

____________________

〈今日は何の日〉

長野冬季五輪開催(1998)

____________________

〈今日の格言〉

人生とはできることに集中することであり、できないことを悔やむことではない。

【スティーヴン・ホーキング】

____________________

〈今日の為替〉

●1米ドル=112.42円

●1豪ドル=85.68円

____________________

〈お知らせ〉
____________________